tamaki-たまき

NOSAKAオリジナルブランド 「tamaki(たまき)」

「長く歩ける」下駄を描いて、下駄の伝統とのさかの理想の形がコラボレートしてできたブランド”環”が”tamaki”としてリニューアルいたしました。開発から製造までのさかが携わることにより、さらに理想の履物へと進化しました。
tamakiイメージ画像

人の歩みを創造する下駄「tamaki」

“ずっと長く、人々に愛される履物をつくる” これがtamakiのコンセプトです。 めぐりめぐる時の中で、変化する物のかたち。 人々にとって本当に必要な物とは何なのか? 本当にW良い物Wとは何なのか? tamakiは人の生活に根付き、長く人々に愛される履物を生み出していきます。
商品ラインナップへ

tamakiは靴の製法で作られた下駄です

tamakiと一般的な下駄との大きな違いは、tamakiは靴の製法で作られていることです。下駄は通常、右足と左足が同じ作りになっており、足裏の設置面は平らです。tamakiは靴と同じように左右別々の木型を使って作られています。足裏の設置面のゆるやかな曲線は足に心地よくフィットし、靴のように足運びが良いため一般的な下駄に比べて長時間履いても疲れにくいです。
tamakiイメージ画像

豊富なサイズ展開

靴の製法で作られているtamakiのサイズは1cm刻みで22cmから27cmまで展開され、細かなフィッティングにも対応しております。和装に履く下駄とは違い、サンダルのような感覚で履いていただける現代の生活にマッチした下駄です。
tamakiは靴のように足型を使って作られています


独自に開発したtamakiの木台

tamakiの履き心地や機能性を決めるのは木台にあると言っても過言ではありません。そのくらい重要なパーツである木台には、ウォーキングシューズ開発や靴のフィッティングを長年手掛けるのさかの知恵と工夫が詰まっています。
tamakiイメージ画像
tamakiイメージ画像

@ NOSAKAオリジナルのローリングソール

足運びがスムーズなNOSAKAオリジナルのローリングソールはtamakiの特徴の一つです。歩くときは楽に次の一歩を踏み出すことができ、立っているときはしっかり踏ん張れる安定感があります。このローリングソールの形状は試行錯誤を繰り返しながら開発されました。
ローリングソールのイメージ図

A 姿勢を整える

ローリングソールの中心を意識して立つことで膝・腰・肩のラインが地面から一直線に結ばれ、体感軸が正しい位置になるよう設計されています。この状態を保つことにより、良い姿勢を保つための筋肉をバランスよく鍛えることができます。tamakiを履くと身体のアライメントが整ってくるのが実感できるはずです。
アライメントのイメージ図

B あおり歩行を促す設計

あおり歩行は人間本来の正しい歩き方(体重移動)であり、最も負担が少ない理想的な歩き方です。これが崩れると様々なトラブルを引き起こす原因にもなりえます。tamakiは独自のローリングソールと木台の形状により、あおり歩行を自然に導くように作られています。
足裏の体重移動のイメージ図


鼻緒は足の機能を活性化させます

鼻緒の履物は指でしっかりと緒をつかんで歩くため、自然と足指を使うことができます。足指を使って歩くと足の機能が活性化され、外反母趾などの足トラブルの予防にも効果があります。

●血行促進
鼻緒で歩くことで血のめぐりが活発になり、全身の血流循環が良くなります。
●浮き指の解消
自然と指を使って歩くことができるため、浮き指の予防・解消にもなります。指を使って歩くと体の重心が最適な位置に近づきます。しっかり踏ん張って歩く状態が保てると、浮き指の解消につながり、足のアンバランスからくる腰痛・肩こり・頭痛などの体の不調の改善にもつながることがあります。
●外反母趾の対策
鼻緒により指が開き親指が正しい位置になることで、足指をしっかり使って歩くことができるため外反母趾の予防にもなります。


tamakiの履き心地を支える素材たち

履物に適した木材

tamakiに使用されている木台はのさかが東南アジアの現地まで足を運び、10種類の木材から履物に適した種類を選びました。空気を多く含む性質上、歩くときの床反力が比較的少なく、関節などへの負担が軽減されます。また軽くて足馴染みも良いので、現代の生活にマッチした木製の履物と言えます。

伐採した木はすぐに加工できません

木は伐採後も内部に多くの水分を含んでいます。そこで乾燥と湿りを繰り返し与えながら徐々に乾燥させることで、変形を少なくし強度を上げています。扱いが難しく手間と時間がかかる素材ですが、自然がもつ機能性と履き込むほど艶が増し深い味わいを楽しめます。
tamakiイメージ画像
■tamakiの木台は間引きした木を使っています
山全体に光を入れるために間引きした木を利用しています。森林保全や生態系の保全を考えた環境にも配慮した木材です。


地場産業を活かしたオリジナルデザインの生地

鼻緒の生地にはのさかオリジナルのデザインも展開され、地元・金沢の金沢美術工芸大学、染色専攻出身のクリエイターがデザインしています。また、生地のプリントは石川県の能登にある企業と繋がりをもつことで実現しました。表地の素材には能登の特産物である上質な化繊も使われています。

EJECTとコラボしたtamaki

tamakiのサンダルタイプのアッパーはEJECTやPROPHECYを手掛けるポルトガルの靴メーカーとタイアップして作りました。EJECTらしいデザインが魅力のサンダルです。
のさかがデザインしたオリジナルの生地
EJECTとコラボしたサンダルタイプ

オーダーメイドで作るtamaki下駄工房

下駄タイプでは、自分の足に合わせたフィッティングや好きなデザインの鼻緒を選ぶことができる下駄工房というオーダーメイドシステムがあります。
※一部の販売店で実施しておりますので詳しくはお近くの販売店までお問い合わせください。
※下駄タイプ限定です。
tamakiイメージ画像
下駄工房はのさかで組み立てセミナーを受けた販売店で実施しております

開発者の声 「なぜ下駄を作ろうと思ったのか?」

一つは日本古来の履物文化を現代のライフスタイルにマッチしたもので作りたいと思ったから。ストレッチウォーカーの一本下駄の発想もここから生まれたものかもしれません。二つめは、とにかく下駄が好き!!小学生の時に先輩が下駄を履いていたのを見て「かっこいい!」って思い、すごく憧れました。三つめは、現代の履物はクッション性が良いものばかりだから。それで硬い履物を履く習慣をつけたいと思いました。それは骨を丈夫にする生活習慣を取り入れるということになります。下駄を履くと楽しい気持ちになることも作りたいと思った大切なきっかけです。
(2012年7月ideal6号より/野坂哲也)
インドネシアのメーカーとの開発風景


<tamakiショップのご案内>

tamakiを中心に取り扱っているtamakiブランドショップです。
tamaki(たまき)奈良店

tamaki 奈良店

〒630-8226 奈良県奈良市小西町8-2
TEL:0742-20-3777
営業時間 10:00〜19:00/火曜定休 WEBサイト のさか奈良店地図

※近鉄奈良駅から徒歩5分。
※駐車場はございません。


LINEUP 商品一覧

時代のニーズを取り入れた、現代のライフスタイルにも合うデザイン(柄)をセレクトしています。
浴衣や着物はもちろん、普段のお洋服にも”合わせやすい”がtamakiの魅力です。

2017春夏商品のラインナップです。

image1

※下記の画像の上にカーソルをあわせると商品詳細をご覧になれます。

thumb1 thumb2 thumb3 thumb4 thumb5 thumb6 thumb7 thumb8
thumb9 thumb10 thumb11 thumb12 thumb13

お取り扱いにつきまして

木は通常のご使用方法でも傷や欠けを生じる性質があるため大切にご使用ください。
台が欠けた箇所や大きさによっては危険を伴いますので、ご購入の店舗まで修理のご相談をお願いいたします。

tamakiオンラインショップ